ワキ毛も気になって体育の着替えが嫌だった中学時代。好きな異性からも…

小さいころから自分は他の子よりも毛深いなと思うことが多かったです。
そう感じたのは、幼稚園の時に周りの子よりも口元の毛が多くて、
ちょっと黒ぽっくなっていることがずっと気になっていたことからでした。
そこからずっと周りよりも自分は毛が濃いと思って、あまり露出できませんでした。

成長期になって脇毛の処理が一番気になりました。
自分で処理をすると皮膚が黒くなってしまうと言われていたので、尚更自分での処理はあまりしていませんでした。
中学校の体育の授業でジャージに着替えることがありました。
そこでは女子だけなので多くの女子が恥ずかしくないようで普通に着替えていました。
しかし私は誰にも見られたくありませんでした。(毛が多いって言われて笑われるのが嫌だったのです。)
心配しながら着替えていたのですが、ある日友だちから「毛深くない?」と言われてしました。
(冗談で言ったのかもしれませんが、自分には悪意があるような感じで聞こえました。)

その日から毛深いというのがクラス中に知れ渡ってしまったのです。
当時好きな人がいました。その好きな人からもずっとからかわれてしまいました。むしろ嫌いなのかと言わんばかりの発言にとっても悲しかった記憶があります。
大人になって即効全身脱毛をして今では毛知らずです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です